民泊に関する記事・情報

【沖縄で民泊】必ず用意しておきたいアメニティーとリネン偏!

民泊を始めるにあたって必ず必要となってくるのが、歯ブラシや使い捨てカミソリ、ゴミ袋などのアメニティーから調味料などまで数多くあります。

アメニティーは民泊を利用するゲストも気になる部分となるので、細かい部分まで気を配ることで、泊まるゲストの満足度も必然的に上がります

その為、日本人ならではのおもてなし心でアメニティーを用意すれば、訪日外国人がリピーターとなってくれる可能性に繋がります。

では、どのようなものを用意しておけばいいのでしょうか?

ホテルとは違った考え方も必要となってきますので、民泊で用意すべきアメニティーを考えていきます。

また、ベッドのシーツやタオルといったリネンについても考える必要がありますので、今回は、そんなアメニティーやリネンについて必要な物を取り上げたいと思います。

1、民泊を運用開始する場合に必要なアメニティー

民泊を運用するにあたって必要なアメニティーは取り上げればきりがありませんが、利用ゲストの満足度を大きく左右しますので、必ず用意しておきたいアメニティーを考えていきます。

それにあたって、まず民泊を利用したゲストがどのようなアメニティーを重視しているかを知る必要があります。

Airbnbのレビューで約42,000件のゲストが気にするアメニティー調査がありましたので、そちらから見ていきましょう。

そのランキングで上位にきたアメニティーは

1位Wi-Fi
2位ベッド
3位キッチン
4位バスルーム
5位ヒーター

訪日外国人観光客が日本滞在で不便に感じること、第1位は「Wi-Fi」でした。

1位.最も必要とされている「Wi-Fi」

第1位にはWi-Fiが選ばれていますが、それには日本と海外のWi-Fi事情が違う事にあります。

海外のWi-Fiの多くは、「FREE Wi-Fi」スタイルになっており、特にアメリカでは、どこにいてもWi-Fiに無料で接続できる環境が整っていたりします。

公共機関や交通機関を始め、公園などでも利用することができます。

日本でも「FREE Wi-Fi」スポットが増えてきてはいますが、訪日外国人は特にWi-Fiを必要と感じているようです。

それらのことからも、沖縄で民泊をするならWi-Fi(ポータブルWi-Fi)を必ず用意しておく必要があるようです。

2位以下はベッドやキッチン、バスルームがランキングに並びます。

2位.ベッドとシーツ類の「リネン」もゲストは気になる

ベッドと言えば、寝心地が重要かと思われますが、それ以外にもベッドのサイズが重要となります。

シングルベッドやダブルベッドなど横幅のサイズもそうですが、外国人サイズで考えると縦幅にも気を使う必要がでてきます。

脚がベッドから出てしまっては快適に睡眠できませんよね。

その為、ベッドマットの縦サイズも考え選ぶ必要があります。

また、ゲストの収容人数にあわせてシングルベッドを用意すべきなのか、ダブルベッドを用意すればいいのか考えましょう。

ベッドのシーツなどのリネンに関しても、部屋の第一印象を左右しますのでベッドメイクは特に重要肢すべきです。

シワや髪の毛などを残さないようなベッドメイキングを徹底することで、ゲストの満足度に繋がります。

3位.キッチンの「調味料」もあると喜ばれます。

民泊では、1週間~1カ月といった長期滞在で民泊を利用する方もいます。

その際によく使われるのがキッチンです。

そうなれば、自炊するゲストにとって冷蔵庫やガスコンロなどの他にフライパンやさいばし、お玉や包丁などが必要となります。また、料理に最低限必要な調味料なども重要となってきます。

ただ、調味料といっても数多くありますので、厳選して油、オリーブオイル、しょうゆ、塩、コショウなどを用意しておくこと喜ばれるでしょう。

また、それに合わせて、コーヒーやティーパックなども用意してあげることで、ゲストの満足度は上がります。

4位.バスルームの定番アメニティーは必須!

歯ブラシや使い捨てカミソリ、シャンプー、ハンドソープ、ボディーソープ、お風呂用スポンジといった生活必需品は必須です。

バスタオルやタオルといったリネン類もきれいなものを用意する必要があります。

それ以外にもあると喜ばれるアメニティーは数多くありますので、ゲストの立場になって考えてみてもいいかも知れません

例えば、洗濯カゴ、洗濯用洗剤・柔軟剤、洗顔フォーム、洗濯用ハンガー、といったアメニティーから化粧水、乳液、コットンなどといった女性用のアメニティーも喜ばれます。

バスルーム関連のアメニティーは基本は必ず押さえ、その他のアメニティーで他と差をつけるのがいいでしょう。

まとめ

以上が民泊を運営するにあたって必要なアメニティーですが、沖縄限定のアメニティーを用意することもおすすめです。

全ては、ゲストへのおもてなしの心で考えることが成功の秘訣です。

しかし、これだけのアメニティーを用意するのは簡単ではありませんよね。

当社ではワンストップサービスで最初から最後まで沖縄の民泊運営をサポートしていますので、アメニティーの用意などもお任せ下さい。

沖縄の民泊運営代行ならお任せ下さい

沖縄で民泊を始めるにあたっての物件探しから、許可申請、自社職人によるリフォーム、民泊の運営代行までワンストップサービスを提供できるから低コスト!これから民泊経営を始めたい方から一部をお任せしたい方まで、民泊のトータルサポートを行っております。
お気軽にお問い合わせください。

 メールでのお問い合わせ確認後、3日以内に改めてご連絡いたします。






お問合せ内容 (複数可能)

民泊物件の有無 (必須)

物件の間取り(物件有りと答えた方)

お電話でのお問い合わせはこちら

 0800-1-110-110

電話受付 9:00~18:00