民泊に関する記事・情報

【コロナ渦】観光以外の民泊活用は無限大!テレワークや気分転換にも!

コロナウイルスの影響で密を避けた日常を過ごしている方が多くいらっしゃるかと思われますが、コロナ渦の中でも民泊の活用法がたくさんあることはご存知ですか?

コロナの影響で観光客が激減し、宿泊者も減少していますが、民泊には観光以外でも別の活用方法があります。

例えば、民泊物件を利用し

・いつもの日常を過ごすため(リフレッシュ)に利用する。
・テレワーク(在宅勤務)で利用する。
・自主隔離として利用する。
・一時避難として利用する。

など観光以外でも民泊を活用でき、利用者は増加にあります。

では、どの様な方が活用しているのかそれぞれ具体的に見ていきましょう。

1.いつもの日常を過ごすため(リフレッシュ)に利用

コロナ渦の中、密を避けるため家で過ごす時間が多くなりますが、そんな中でも民泊を利用することでいつもの日常を変えることができます。

通常民泊に宿泊するのは「泊まる」という感覚ですが、民泊で「日常を過ごす」という目的を変えることでいつもの日常が楽しくなります

例えば、沖縄の民泊物件だと海が見えるロケーションの物件や、一軒家を貸切できる物件なども数多くあります。

それらの民泊物件などを利用することで、日常の生活に癒しや新たな刺激なども得る事ができます。

普段の生活と同じことして過ごしていても、時には海を眺めながらゆっくり過ごしたり、その土地の食材で料理を楽しんでみたり。

一軒家で伸び伸びと贅沢な時間を過ごしたりと、コロナ渦の中でも気分転換として民泊を利用できます

家で我慢を強いられてばかりでは辛いですよね、旅行にもいけず休日も楽しめない状況を変えるためにも民泊を利用し、リフレッシュしながらプチ旅行気分が送れます

コロナ渦でも密をさけて楽しみたい方などがこのように、旅行に限らず民泊で過ごしていますので、日常を変えたい方にはおすすめの利用法です。

2.テレワーク(在宅勤務)で利用

働き方改革によりテレワークでの働き方が近年広がっていましたが、コロナ渦の中、テレワークでの働き方がも急増しています。

自宅での勤務ということもあり、お子様がいるご家庭であれば、業務に集中できないなどの悩みがあるのも事実です。

そこで利用されるのが民泊物件。

家族の協力も必要ですが、テレワークに民泊を利用することで、コロナウイルス感染を避けながら業務に集中できるようになります

また、テレワークでも普段と違う環境に変える事で気分転換ができ、業務効率が上がったりするなどのメリットもあります。

実際、コロナ渦の中民泊の他にもビジネスホテルなどがテレワーク(在宅勤務)で利用されています。

3.自主隔離として利用

コロナウイルス感染者が広まる中、ウイルス感染の不安を抱えた人や海外からの帰国者などが自主的に隔離するために民泊を利用する流れもみられます。

「PCR検査が陰性であったが、自主隔離を要請されている」
「濃厚接触者かもしれない」
「家族にはうつせない」
「海外からの帰国のため」

など、自主隔離として、一時避難としての民泊利用が増加しています。

4.コロナ渦以外での民泊利用もあるよ

コロナ渦での民泊利用方があることをご紹介してきましたが、民泊には「観光」「コロナ渦」以外での利用法もあります。

民泊の特徴を活かした利用法で、例えば

・沖縄への移住を考えている

県外の方が、沖縄への移住を考えている場合、民泊の物件を利用することで実際の沖縄での暮らしを体験できます。

旅行だけではわからない、現地での生活を民泊で仮体験することで移住先を決める要因にもなります。

・沖縄県内で引っ越しを考えている

沖縄県内の方で、引っ越しを考えており住んでみたい地域がある方などにも、民泊は利用できます。

住んでみたいエリアの民泊物件に滞在して暮らしてみることで、引っ越し先を決めやすくなります。

これらのように、民泊だからこそできる地域の生活を活かした利用法です。

 

また、リフォーム工事などの一時的な引っ越しが必要な方にも民泊の利用はおすすめです。

一時的な引っ越しとはいっても普段の生活がありますので、ホテルなどでキッチンでの料理、ベランダでの洗濯物干しといったことはなかなか難しいものです。

そこで、生活に必要な環境がそろっている民泊物件が一時的な引っ越しに最適となります。

まとめ.

これらのように、民泊は観光での宿泊利用だけではなく、コロナ渦でも様々な活用法があります。

いつもの日常生活でやっていることを場所を変えてやるだけでも気分がリフレッシュされます。

コロナ渦でも安心して楽しめる空間はあり、民泊で旅行気分でステイホーム

また、一時的な避難や引っ越し先候補を決めるためにも民泊はおすすめで、今後もその他の活用方法が出てくると思われますので、民泊の活用法は無限大であることから利用者増加に期待です!

沖縄の民泊運営代行ならお任せ下さい

沖縄で民泊を始めるにあたっての物件探しから、許可申請、自社職人によるリフォーム、民泊の運営代行までワンストップサービスを提供できるから低コスト!これから民泊経営を始めたい方から一部をお任せしたい方まで、民泊のトータルサポートを行っております。
お気軽にお問い合わせください。

 メールでのお問い合わせ確認後、3日以内に改めてご連絡いたします。






お問合せ内容 (複数可能)

民泊物件の有無 (必須)

物件の間取り(物件有りと答えた方)

お電話でのお問い合わせはこちら

 0800-1-110-110

電話受付 9:00~18:00